PCの事や、ネットゲーム(FPS)や、ミニチュアダックスのお話です。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| + TOP + |

E7200とP5K-EでOC(オーバークロック) 

今回はE7200をP5K-EでのOCをもう一度見直してみました。

PC構成はTOPにあるものと同じです。

ASUSのマザーボードはOCがBIOSで簡単にできるので、

画像を交えて紹介していきます。(オーバークロックは自己責任でお願いします)

BIOS1

まずはPCと立ち上げ、マザーボードのロゴが出ているときに”Delete”を押すとBIOS設定画面に

切り替わります。

カーソルを”Advanced"にあわせ”JumperFree Configuration”を選択すると↓のような画面に

切り替わります。(初期時はほとんどの項目がAutoになっています)

BIOS2
BIOS3

今回はFBS400、倍率9、CPU Voltage1.3250Vで設定して3.6GHzを狙ってみます。

ここで注意しなければいけないのは”CPU Ratio Setting”と”FSB Frequency”

だけは直接数字をキー入力になります。あとはほぼ選択です。

すべて終わったらセーブして再起動します。

Bcpu3.6


CPU-ZやCrystalCPUIDなのでOCされているか確認しましょう。

CPU-Zダウンロード

CPU-Zよ見ると3.6GhzにちゃんとOCされています。

あとは、ORTHOSなどのソフトでCPUに高負荷をかけてエラーにならないか確認しましょう。

目安は24hクリアーです。

StressPrime 2004 ORTHES
上記サイトの

Latest Beta
For dual-core/Hyperthreaded CPUs, please try this beta SP2004 Orthos Edition

と書かれているリンクからダウンロードできます。


また負荷時のコア温度も上がり過ぎないか確認を忘れないようにしましょう。

さて、OCも無事に完了し速度がどれぐらい向上したのか”SUPER_PI”の104万桁で検証しましょう。

まずはOCなしの場合は21秒かかりました。
pai2

つづいてOC後(3.6GHz)では6秒はやくなり、15秒でした
pai1


OC(オーバークロック)あくまで自己責任ですが、今現状の処理スピードが物足りないと

思う方は新品CPU購入の前に1度試してみても良いかと思います。
スポンサーサイト
| TRACKBACK:0 | COMMENT:2 | + TOP + |
▽...CommentList ≫
ニコニコにアップしたガチャ動画 | HOME | サドンアタック動画

COMMENT

参考になりますw
早速ORTHESで負荷テストしてみよっと


2009/02/15(日) 07:20:27 | URL | evolva #- [Edit]
>>evolva
がんばってね~
2009/02/15(日) 11:14:17 | URL | kuru #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

          05« 2017/06 »07          
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

プロフィール

Athlon君

Author:Athlon君
Alliance of Valiant Arms
【Name】 DaeWoo
【Clan】 Immortals
【Weapon】
PM:AKS-74U Desmodus
RM:SG556/OTs-14 Groza
SR:Mosin Nagant
【S/D】1.4
【Sensitivity】10
【解像度】1920×1080

リンク一覧(´ー`)

Solidarityフラグムービー

YouTube用エンコード動画作成

Tree-Comment

BTOパソコン・パーツ

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。